第11回日独エネルギー・環境フォーラム, 2021年2月16日~18日

- 場所: Online

 

産業界の将来に向けての道筋

-産業政策としての脱炭素化  政策的、技術的、社会的解決策と水素の役割

日独両国は2050年までにカーボン・ニュートラルを達成するという長期的な目標を定めました。この目標を達成するためには、両国の経済及び社会の全てを巻き込む変化が必要です。温室効果ガス排出量の約30%は産業界から排出されており、ネット・ゼロ・エミッションを達成する上で産業界は鍵となる部門です。産業界は、デジタル化とともにかつてないスピードで劇的に変化していくことが予想されます。新しく画期的な技術、製品、サービス、ビジネスモデル、市場、雇用形態によって、産業界はより環境に優しい循環型の経済に近づき、また、コスト競争力も兼ね備えたものになっていくと考えられます。

大きな挑戦をチャンスに変えるため、産業界、大学/研究機関、政府、市民社会は協力し、共に解決策を見つけなければなりません。このような背景の中、第11回日独エネルギー・環境フォーラムは、2021年2月16日から18日までオンラインで開催されました。「産業界の将来へ向けての道筋-産業政策としての脱炭素化  政策的、技術的、社会的解決策と水素の役割」をテーマに、日独両国の産業界、官界、学術界の専門家が下記の点について講演し、その内容を踏まえた議論を行いました。

 

  • 日独両国の産業界において、カーボン・ニュートラルはどのように達成され得るか。
  • 産業界の脱炭素化における主な課題、戦略、技術的オプションは何か。
  • 政策的にはこの変化をどのようにサポートし、産業界が将来の脱炭素技術市場の先駆的存在となるよう後押しできるか。
  • 水素などの脱炭素燃料の市場参入を推進するために、いかなる政策的枠組みが必要か(市場及び規制面等での枠組み)。

2007年の第一回開催以降、日独エネルギー・環境フォーラムは、環境・エネルギー問題に関する両国の経済、技術、政策分野の専門家同士の情報交換、そして、共同プロジェクト立上げの契機を提供するプラットフォームへと発展してきました。第11回となる今回は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、ドイツ連邦環境・自然保護・原子炉安全省(BMU)、ドイツ連邦経済・エネルギー省(BMWi)の主催、日本の経済産業省、環境省の後援で開催されました。

ドイツ側事務局:ECOS、Adelphi
言語:日本語、ドイツ語(同時通訳)

プログラム : https://gj-eedf.org

プログラム・パンフレット

Factsheet "Experiences with Carbon Pricing in Germany, the EU and Japan"

プレスリリース

 

戻る