ニーダーザクセン州日本代表事務所業務を受託

ニーダーザクセン州日本代表事務所業務を受託

2020年4月1日からニーダーザクセン州は独自の日本代表事務所を東京に開設します。欧州地域での公募においてエコスが入札し、ニーダーザクセン州からの日本代表事務所業務を受託することになりました。

日本代表事務所の設立には、日本とニーダーザクセン州の両国企業にとって、特にデジタル化、持続可能なエネルギー、モビリティ、ライフサイエンスの分野において興味深いビジネスチャンスが期待できると、州経済省として確信を持っていることが背景となっています。

新しい日本代表事務所では、既存の日本との経済コンタクトを更に強化することを目指しています。同州経済省ベーレンド・リンドナー政務次官は、今年9月に水素をテーマに、訪日を予定しています。

米国、中国、ロシア、イランに次いで、ニーダーザクセン州駐在事務所の拠点として日本は5番目の国となります。同省からの情報によると、2018年の日本からニーダーザクセン州への製品輸出額は8億8,300万ユーロ、ニーダーザクセン州から日本への輸出額は13億ユーロ以上でした。特に日本からニーダーザクセン州への輸出は、鉱業品、建材・建設機械が、ニーダーザクセン州から日本へは自動車とキャンピングカーの輸出が大きな位置を占めていました。

ドイツ ニーダーザックセン州
日本事務所
代表 関川 誠

〒103-0027
東京都中央区日本橋1-13-1
日鉄日本橋ビル WAW3F
E-mail: sekikawa.niedersachsen@ecos.eu
Tel.: 03-6262-3226
Mobile: 090-4455-6679

戻る